ミニピンまめ吉のちょこっと釣行記

愛犬の『まめ吉』とのゆるい生活とたまに行く釣りについてゆるく綴っていきます。

アミパ佐野店【アウトレットのすぐ近く。ショッピングに飽きたらちょこっと寄れる便利さ】

たまの休日、好きなことしたいな。


誰しもが思うことでしょう。


ただ、妻ばかりに子どものことを押し付けて自分が好きなことをやっていたら、やがて家庭に危機的状況を招いてしまうことでしょう。


妻もゆっくりさせてあげられて自分も好きなことができる、そんなときにおすすめなのが佐野プレミアムアウトレットです。


ただし、片方がショッピング好き、もう片方が釣り好きという方に限ります。


栃木県佐野市にあるプレミアムアウトレットです。


様々なブランドが揃っており、敷地内もちょっとコジャレた街並みみたいになっています。


フードワゴンや子どもの遊び場なんかもあります。


東北道の佐野IC下りてからすぐなので交通の便も非常にいいですね。


そんなアウトレットの近くにあるのが「アミパ 佐野店」です。


アミパとは何か?


面白いことを考えましたが何も思い付きませんでした。


アミューズメントパークの略ですかね?


釣り堀やバッティングセンター、猫カフェなんかもあります。


時間を潰すのには最適ですね。


釣り堀はエサ釣りなのでお子さんがいる場合でも安心です。


奥さんがゆっくり買い物ができるようお子さんを連れて行ってみましょう。


では、アミパ佐野店の釣り堀のご紹介です。

時間

平日:12時~

土日祝:10時~


どちらも24時までやっているようです。

料金


1時間、2時間、フリータイムがありました。


池によって可能な時間が異なり


1時間(ミニ池、座り池、金魚池)


2時間(座り池、金魚池)


フリータイム(座り池)


でした。


今回我が家は1時間利用しました。1時間は1100円でしたが、他の時間は確認していませんでした。増税後で値段が変更になっていたかもしれません。

ミニ池


金魚や川魚がいるようです。以前はザリガニなんかもいたような。

座り池


f:id:minipinmamekichi:20191027204906j:plain


コイがメインの大物池です。この日はチョウザメが放流されていました。

金魚池


f:id:minipinmamekichi:20191027205026j:plain


金魚がメインで小さいニシキゴイなんかも泳いでいました。


ヘラ用の浮きを使っているようです。


我が家は画像の左手前を釣り座としました。

金魚すくい


f:id:minipinmamekichi:20191027205114j:plain


お祭りの金魚すくいより若干割高です。

ポイント交換


f:id:minipinmamekichi:20191027210031j:plain


釣った魚の数や大きさでポイントがもらえます。そのポイントで駄菓子や様々な商品と交換できます。


だいたい10P=10円くらいなのでしょうか?


たくさん釣ればたくさんおやつがもらえるよと我が子は張り切っていました。


それではさっそく開始します。


今回は2本の竿を借りました。


エサ釣りなので入れたとたんにあたりがあります。


しかし、これがなかなか難しい。しっかりあわせないとエサだけ持っていかれてしまいます。


私もたいしたアドバイスはできなかったのですが、子どもの感性でしょうか?次々と釣れるようになってきました。


さあ、ここからが大変です。


子どもが釣る→魚をはずす→エサをつける


このエンドレスループが始まります。


でも、魚が釣れている様子は見ていても楽しいですね。


子どもも喜んでいるので連れてきた甲斐がありました。


開始20分でこのくらい釣れました。


f:id:minipinmamekichi:20191027205208j:plain


金魚が釣れ続けているため我が子は「ニシキゴイかジャンボ金魚が釣りたい」と目標を掲げました。


狙って釣れるものではないので金魚ばかり釣れていますが。


そのせいもあってか、針をはずしてりエサをつけたりが自分でもできるようになってきました。


成長していますね。


そして最終的な釣果はこのくらいになりました。


f:id:minipinmamekichi:20191027205325j:plain


またこの日はガラポンが引ける日だったようです。ハズレ玉でしたが、ポイントが20Pくらい追加でもらえました。


この後我が子は意気揚々とポイントでおやつをゲットしていきました。


前半は忙しかったけれど後半は我が子の成長も感じられて親子ともに満足な結果となりました。


この調子で釣り好きの道をどんどん進んでほしいものです。

スポンサーリンク