ミニピンまめ吉のちょこっと釣行記

愛犬の『まめ吉』とのゆるい生活とたまに行く釣りについてゆるく綴っていきます。

ハゼ釣り:江戸川放水路【時期外れのハゼ釣り。江戸川で待ち受けていた悲劇。】

今年はじめてハゼ釣りを経験し、あまりにも楽しかったため友人を誘ってみました。


その時の釣行予定は11月上旬。


まだハゼ釣りのシーズン中でした。シーズン中とはいえもう終盤ですが。


しかし天候に恵まれず中止になってしまいました。


珍しく友人がかなり乗り気になっており違う日程で調整しましたが、結局一番早くて12月15日。


ハゼ釣りはシーズンオフ。前回のような爆釣はできないだろうと思っていました。爆釣どころか釣れない可能性もあります。


それでもボートで釣る楽しみを友人と共有したい。


調べてみるとちょうど15日が最終日らしい。


らしいというのは明記してあったわけではなく16日以降ではネット予約ができなくなっていたからです。


12月15日に釣行決定です。


前回のハゼ釣りの仕掛けがまだ残っているので今回は準備ものんびりです。


実は前日までボートの予約はしていなかったのですが、急に最終日は混み合ってしまうのではないかという不安に襲われ念のためネットでボートの予約を入れておきました。


今回は私と我が子、そして友人のTNK家親子の4人での釣行です。


6時に江戸川放水路の某遊船さんに集合です。今回は我が家も迷わずに無事に到着できました。


早速受け付けに行きますが、お客さんが4人カップラーメンを食べているだけで係の人が見当たりません。


とりあえず話でもしながら係の人がやって来るのを待ちます。


「ハゼどれくらい釣れるかな?」


「たくさん釣りたいねー」


なんてキャッキャウフフ盛り上がっていると、それを聞いていたお客さんが


「ハゼ?もう終わってるよ」


な、なんですと!?


私「そうなんですか?ボートの予約はできたんですけど?」


客「そうなの?それならやるのかな?ほら、ちょうど来たよ。」


指差した方向には係の人らしきおばちゃんが。


こちらに来たので聞いてみました。


私「ハゼボートで予約した者ですが…」


係「ハゼはやってないよ。12月3日で終わったよ。」


私「でも、今日予約したのですが?」


係「やってないよ。ホームページにも書いてあったでしょ」


もう目も合わされず取り合ってもらえません。


私、ちゃんと前日にホームページを確認してそのままネットでボートの予約をしました。


私が見た限りでは終了なんて書いていませんでした。


例え終了であったとしたのなら、せめてネットで予約ができないようにしておいてほしかった。


絶望でうちひしがれていると、先ほどのお客さんが


客「隣ならやってるよ」


え!


私「本当ですか?ありがとうございます!」


ここで落ち込んでいても始まりません。子どもたちや友人TNKのためにも隣の遊船さんに話を聞きに行きます。


そこがこちら


f:id:minipinmamekichi:20191218214406j:plain


「たかはし遊船」さんです。


早速受付のおじさまに聞いてみます。


私「ボートハゼやってますか?」


係おじ「やってるけど難しいよ。素人じゃ釣れない。玄人向けだね。」


で…ですよねぇ~。


おじさま曰く、ここからさらに離れた位置までボートを引っ張っていく、帰りの時間は12時と14時になるから小さい子どもにはそれだけでも厳しいかもということでした。


またしても絶望。その場所で商売をしている人がそこまで言うのだから本当に難しいのでしょう。


TNKと相談し、この時期は釣れないことは事前の情報収集で十分わかっていたことなので、せっかく来たのだから釣りだけでも子どもたちにさせてあげようということになりました。


その代わりボートには乗らず桟橋から狙います。


トイレも近くにあるし、飽きてもすぐに帰れます。


おじさまにそう話し、桟橋に向かいます。


係おじ「難しいけどがんばって」



いざ、男4人が極寒の放水路へと立ち向かう。





スポンサーリンク