ミニピンまめ吉のちょこっと釣行記

愛犬の『まめ吉』とのゆるい生活とたまに行く釣りについてゆるく綴っていきます。

宮城アングラーズヴィレッジ【放流が不発で終わってしまった。次なる一手は通用するのか?】

放流効果は1匹のみと撃沈。次なる手段は?


とりあえずルアーをチェンジします。


MIU2.2gのどこかの上州屋のオリジナルカラーです。


このルアーは私が釣りを始めた最初の頃から使っているいわば相棒。


かならず1匹をつれてきてくれるでしょう。


キャスト!


少し沈めてから巻きます。



…ガッ!


きた!


思い切りリールを巻きます。


重い。


これは大物の予感です。


ドラグ音が鳴り響きます。


しかし、なかなか寄せられない。


ビクともしません。



……


根掛かりでした。



やっちまったーーー!


恥ずかしい。穴があったら入りたい。それが例えどっかのだれかさんのし◯の穴でも。


周りをそっと見渡します。


誰もこちらを見ていません。自分の釣りに集中しているようです。


いや。


きっと心の中では


「うわー。あいつ根掛かりでドラグ鳴らしまくってるよ。大物気取りか恥ずかしい奴。どっかのだれかさんの◯りの穴にでも入ってろよ。」


そう思われているはず。


そのとき隣のおじさんアングラーと目が合います。


ニコッと微笑み頷いていました。


それはまるで


「わかるよその気持ち。ついついかかっちゃったと思うよね。おじさんも若い頃はそうだったよ。」


と、語りかけてくれているような微笑みでした。


ありがとうおじさん。気持ちが楽になりました。


やってしまったことは仕方がありません。素知らぬふりでルアー回収を試みます。


思いっきり引っ掻けてしまったルアーは外れる気配もなく、泣く泣くラインを切ることにしました。


こうして私の思い出のルアーとモチベーションは宮城アングラーズヴィレッジの池の底へと沈んでいったのです。


意気消沈な私。すがる思いで手にしたルアーは


セニョールトルネード



ZacT craft(ザクトクラフト) ルアー セニョールトルネード #1 レッド


もはやこれしかありません。


時間も迫ってきており私には時間がないのです。


早速投げます。


ダメです。


私の気持ちがルアーから魚たちに伝わるのでしょうか?当たりすらありません。


ただただラインがよれていく。


穂先に絡まり始めてしまいました。


もはやここまでか…


諦めかけていたそのとき


「どうですか?」


そんな私の前に救世主が現れたのです。


f:id:minipinmamekichi:20191212214328p:plain




スポンサーリンク