ミニピンまめ吉のちょこっと釣行記

愛犬の『まめ吉』とのゆるい生活とたまに行く釣りについてゆるく綴っていきます。

新タックル導入【ガチャガチャタックル、釣具ミニミニマスコットの性能は?】

釣りに行けないとついつい新しい釣具が欲しくなってしまいますね。


そしてついに手を出してしまいました。


今回購入したのはこちらです。


f:id:minipinmamekichi:20200416213407j:plain


f:id:minipinmamekichi:20200416213625j:plain


ベイトタックルです。

ガチャガチャタックル


しかし、貧乏な私にはベイトタックルを揃える財力はありません。


今回のタックルはそんな私でも手に入れることができました。


なぜなら


ガチャガチャだから


です!


f:id:minipinmamekichi:20200416213652j:plain


その名も釣具 ミニミニマスコット2です。


1回400円。


ガチャガチャとしてはお高めですね。


f:id:minipinmamekichi:20200416213731j:plain

f:id:minipinmamekichi:20200416213802j:plain


こちらのタックル、とある筋からセットで600円で購入することができました。


ガチャガチャのメリットでもデメリットでもある何が当たるかワクワク感はなかったのですが、ロッドとリールを必要最低限の費用で手に入れることができました。


それではそれぞれのスペックをみていきます。

ロッド

f:id:minipinmamekichi:20200416213947j:plain


ちょっとメタリックな緑色にゴールドのガイドやリールを固定する金具が映えますね。


持ち手部分は木材でできており、高級感があります。


長さは公式では19cmとありましたが、計測してみたら20.5cmありました。


f:id:minipinmamekichi:20200416214048j:plain


継数は4本でねじ込んで接続します。


f:id:minipinmamekichi:20200416214018j:plain


自重は驚異の21g。私が所持している最軽量の「イプリミ」よりもさらに軽いです。


f:id:minipinmamekichi:20200416214119j:plain



ダイワ(Daiwa) トラウトロッド スピニング イプリミ 64ML 釣り竿


素材はカーボンやグラスではありません。ダイキャスト製です。そのためしなりません。しなるときは折れるときだ!と言わんばかりの男気溢れるロッドとなっています。

リール

f:id:minipinmamekichi:20200416214155j:plain


アブガルシアの1500cに似ています。


私が持っているものと比べるとこのくらいの差があります。


f:id:minipinmamekichi:20200416214224j:plain


ハンドルとスプールは直結しており、ハンドル一回転でひと巻きとなっています。


自重は14gとこれまた軽量です。


f:id:minipinmamekichi:20200416214939j:plain


ロッドとリールを合わせても35gと1日釣りをしても疲れることがないであろうくらい軽いタックルとなっています。


リールもダイキャスト製となっており、剛性は十分です。



驚くことにこのタックルで実際に魚が釣れるということです。


f:id:minipinmamekichi:20200416215004j:plain


余っていた1号のラインを巻いてみました。


f:id:minipinmamekichi:20200416214251j:plain


どうですか?雰囲気が出てきましたね。


ということで、次回このタックルを持って釣りに行ってみました。


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク