ミニピンまめ吉のちょこっと釣行記

愛犬の『まめ吉』とのゆるい生活とたまに行く釣りについてゆるく綴っていきます。

ミニチュアピンシャーとの出会い

そんなこんなで初めて知った犬種、ミニチュアピンシャー。愛称はミニピンです。



f:id:minipinmamekichi:20190715141208j:plain





見た目は小さなドーベルマン。でも、ドーベルマン程いかつくなくて可愛い面もある。そしてドーベルマンより歴史が古いらしく1700年代頃からいたようです。





そして驚いたのが垂れ耳の子がいること。なんとびっくりミニピンやドーベルマンは小さいうちに耳を切っていると!そして尻尾も切っていると!(断耳、断尾というそうです)恥ずかしながら今回初めて知りました。






好奇心旺盛で活発、小型犬だけど運動量は半端ない。警戒心が強く臆病な面も、でも家族には甘えん坊。
また、脱走の芸術家と言われるほど脱走するのが上手だとか。







そして注意点。



手足が細いのに活発なため骨折することがあると。ソファから飛び降りたりジャンプの着地に失敗したりするとなりやすいみたいです。



短毛でシングルコートのため寒さはとても苦手なようです。







実際に会ってみたいなと調べていたら車で一時間程のホームセンターにいるということ!





早速車をかっ飛ばして会いに行ってきました!






そこで待っていたのは…







小っさい!細っい!!
プルプル震えとる。






店員さんが優しく私の膝の上にミニピンちゃんを置いてくれます。







ぴょんぴょんする!
よじ登ってくる!!






こんな小さいのに何てパワフル。確かにちょっとしたことで骨折してしまいそうだ…








我が家にはまだ小さい子どもも居ます。手加減を知らない子どもが一緒に遊んでいたら怪我をさせてしまいそうです。






この時点で妻はミニピンにかなり消極的になってしまいました。




私もあんなに華奢だとは思わなかった。





さてどうしよう。






悩みながらミニピンのブリーダーサイトを見ていたらお値段が控えめな子が!





しかも、その時点で生後5ヶ月ほど(この前のミニピンは2、3ヶ月ほど)。
きっと身体も大きくなっているはず。




期待に胸を膨らませ見学に行くのでした。






連れてきてもらった子はこの前の子より一回りくらい大きくてしっかりしている印象でした。





だっこさせてもらいましたが、安定感あり。やっぱりよじ登ってきましたが安心感もありました。




そしてなんだかイケメン君。






我が家のみんなが一目惚れでした。






ブリーダーさんに疑問や不安、家族会議であがったことをたくさん質問しましたが、親身になって答えてくれたのでとても安心できました。





今回は大変良い出会いだったと思います。

スポンサーリンク