ミニピンまめ吉のちょこっと釣行記

愛犬の『まめ吉』とのゆるい生活とたまに行く釣りについてゆるく綴っていきます。

六本木つり堀【ヤマメが食べたい。群馬にあるヤマメ、イワナが釣れる釣り堀。】

前回地獄から無事に生還した私ですが、心がザワザワ落ち着きません。


それはなぜか。


ヤマメが食べたい


惨敗を喫してしまった308Clubのサクラヤマメ祭り。他の方の釣果報告をみると美味しそうな魚たちがたくさんあがっています。


それを見るたびヤマメが食べたくなってきます。


美味しいですよね。ヤマメ。


そんなわけで行ってきました。

六本木つり堀


f:id:minipinmamekichi:20200721215632j:plain


六本木です。六本木といえども東京ではなく、はたまた鼠先輩でもありません。


群馬県前橋市にある「六本木つり堀」です。


この六本木つり堀のすぐ近くには大崎つりぼり、ちょっと行けば宮城アングラーズヴィレッジ、その他にも釣り場がいくつかあるようで釣り場が目白押しなのです。


ここは公式HPがないため色々な場所から情報収集しましたが、バラバラなところもあったので今回現地で仕入れてきた情報をお届けしようと思います。

営業時間


営業時間は日の出から日の入りまでとか時期によって変わるなど情報源によって色々あったのでお店の方に確認しました。


今は9時頃から15時頃までだそうです。


きっちりとした時間は決まっていないようですね。


不安な方は事前に電話で確認をしていただいた方が良さそうです。

料金


現在の価格はこちらのようになっています。


f:id:minipinmamekichi:20200721215730j:plain


マスは2000円/1kgと大川戸釣り堀より若干高めの設定ですね。


イワナ・ヤマメは3000円/1kgとマスより高めです。


これは他の釣り堀でも大体そうですね。


竿は練り餌付で200円です。竿とエサ以外にはプライヤーとバケツを貸してくれます。


f:id:minipinmamekichi:20200721220016j:plain


バケツに水をはり釣った魚を入れておく寸法ですね。


f:id:minipinmamekichi:20200721220043j:plain


150円で塩焼きか唐揚げにしてくれます。


今回は食べなかったのですが、こちらの唐揚げはネギダレがかかっており美味しいようです。

受付


こちらで料金の精算、レンタル、魚の捌き・焼きをやっています。


f:id:minipinmamekichi:20200721215804j:plain


向かって左側には屋外のテーブルが。


f:id:minipinmamekichi:20200721215834j:plain


右側にはお座敷がありました(こちらは写真撮り忘れ)。

トイレ


お座敷小屋から向かって右側にあります。駐車場側ですね。


f:id:minipinmamekichi:20200721215859j:plain


中に入ると奥にお座敷が見えます。


f:id:minipinmamekichi:20200721215928j:plain


トイレ内は小便器2つと大は和式となっています。


池は大きく分けて2つのエリアがあります。受付前エリアと山エリアです。

受付前エリア


一番近くにはニジマス池

f:id:minipinmamekichi:20200721220120j:plain


そこから下った場所に大物池

f:id:minipinmamekichi:20200721220218j:plain


その隣に時間釣り用池があります(すでに釣りをされている方がいたので写真撮れず)。

山エリア


坂道を上っていきます。


f:id:minipinmamekichi:20200721220252j:plain


坂の途中にあるのが小物池

f:id:minipinmamekichi:20200721220318j:plain


坂を上りきると右側にイワナ池

f:id:minipinmamekichi:20200721220347j:plain

f:id:minipinmamekichi:20200721220434j:plain


左側にヤマメ池

f:id:minipinmamekichi:20200721220523j:plain

f:id:minipinmamekichi:20200721220641j:plain


それぞれ2面ずつありました。


ヤマメ池のお隣に中物池

f:id:minipinmamekichi:20200721220718j:plain


ちなみにこちらの池は坂道の途中からでもアクセスできる階段があります。


そして、池のあちこちにはランディングネットが置いてあるので安心です。


f:id:minipinmamekichi:20200722210602j:plain

f:id:minipinmamekichi:20200722210636j:plain

まとめ


どの池も魚影が濃く否応なしに高まる期待感。


待望のヤマメは釣ることができるのか?


にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ
にほんブログ村

スポンサーリンク