ミニピンまめ吉のちょこっと釣行記

愛犬の『まめ吉』とのゆるい生活とたまに行く釣りについてゆるく綴っていきます。

鉄道博物館【運転できるミニ列車、新幹線が眺められるラウンジ】

1時間開場待ちをしてついに入場です。


前売り券を持っていたので別の場所で受付です。


入口からエントランスへその後左へ進みます。まず我が家が向かったのは「ミニ運転列車」の整理券をもらいにてっぱくラインの中央駅付近です。


我先にと猛ダッシュしていく人たちがたくさんいましたが危険なのでやめましょうね。係の人も注意していました。


無事に10:20からの整理券をもらった我が家は、すぐ近くにある「キッズプラザ」で遊びます。


我が子が一生懸命になったのは自分で駅弁を作れる「おままごとえきべん」でした。エプロンも用意してあったのでエプロンをつけて遊んでいます。


f:id:minipinmamekichi:20191128225741j:plain

f:id:minipinmamekichi:20191128225807j:plain

f:id:minipinmamekichi:20191128225840j:plain


はやぶさやこまちの形のお弁当箱もあり見た目も楽しいです。


f:id:minipinmamekichi:20191128225911j:plain


この他にプラレールで遊べたり乳幼児が遊べるような場所があったりと子供連れにはありがたい場所になっていました。


そしてここに「キッズカフェ」があります。


キッズとついていますがちゃんと大人用のメニューがあります。


ここはハンバーガーが売っているのでハンバーガー好きの我が家は速攻で昼食はここにしようと決めていたのでした。


f:id:minipinmamekichi:20191128225938j:plain


あっという間にミニ運転列車の時間となりました。


乗り場はキッズプラザのすぐ先にあります。


ミニ運転列車は1台210円で1枚の整理券で3名までが乗車できます。


乗車できる車両も山手線や成田エクスプレス、イーストアイなんかもあり我が子は大興奮でした。


f:id:minipinmamekichi:20191128230202j:plain


運転席はこんな感じ。


f:id:minipinmamekichi:20191128230404j:plain


天気が悪く車内も熱気がすごかったため窓は曇りまくっています。


1周が約300mなので結構あっという間に終点になってしまうのですが、運転できる楽しさが味わえます。


乗り終えると時刻は11時ちょっと前。


少し早いですが、先ほどのキッズカフェで昼食を購入です。


キッズカフェ内でも食事をとれますが、テイクアウトにして別の場所で食べることにしました。


その場所はここ。


3階にある「新幹線ラウンジ」です。


走行する新幹線を間近でみられる新幹線マニアにはたまらない場所です。


テーブルとイスもあるのでここで食事をとることにしました。


まだ時間が早いから余裕だろうと思っていましたが、窓際のテーブルはラスト1つだったのでギリギリでした。


なんとかテーブルを確保できた我が家一行、早めの時間ですがすでにお腹が空いています。


早速先ほど購入したハンバーガーたちを広げます。


食べることに夢中になってしまい、写真を忘れてしまいました。


この新幹線ラウンジにはちゃんと時刻表があります。


しかも何時に何の新幹線が通るのか写真付きで載っているので、新幹線に詳しくなくてもわかりやすくなっています。


f:id:minipinmamekichi:20191128230428j:plain


私がテンションがあがったのが北海道新幹線のはやぶさです。東北新幹線のはやぶさは比較的よく見かけるのですが、北海道新幹線のはやぶさはあまり見ません。


ちなみに東北新幹線のはやぶさは「E5系」、北海道新幹線のはやぶさは「H5系」とも呼ばれています。


ボディの形とカラーがよく似た2つのはやぶさですが、ちょっとした違いがあります。


1つは帯の色。


E5系は「ピンク色」、H5系は「ラベンダー色」となっています。公式のHPにはラベンダーではなく「彩香パープル」となっています。


もう1つはロゴマーク。


E5系は「ハヤブサ」、H5系は「シロハヤブサ」となっています。シロハヤブサも北海道の形っぽくなっておりかっこいいです。


他にもいくつかあるようですが、私が知っているのは上記の2つです。


走り去る新幹線を眺めながらのんびり昼食をいただきます。


そんなに鉄道好きというわけではない私ですが、轟音と共に走り抜ける新幹線は迫力もあり格好よくもあります。


午後に続きます。




スポンサーリンク