ミニピンまめ吉のちょこっと釣行記

愛犬の『まめ吉』とのゆるい生活とたまに行く釣りについてゆるく綴っていきます。

熱闘!ドッジボール大会!

我が子が参加しているスポーツクラブのドッジボール大会があったので応援に行ってきました。


f:id:minipinmamekichi:20190912210538p:plain


全部で10チーム、予選はA、Bの2グループに別れて総当たり戦です。


ドッジボール大会とはいえ幼稚園児なのでほんわかかわいい大会でした。


両手投げ、ボールに群がる、ジャンプボールの後そのまま相手陣地に居座る等々かわいい場面の連続でした。


ただ、中には投げるのがうまい子、取るのがうまい子と目を見張る子たちもいたのには驚きました。みんな頑張っていたので応援にも熱が入りました。


我が子のレベルは平々凡々でありながら当てたり当てられたり、小さい頃は運動音痴だと思っていましたが、しっかり成長しているのですね。


我が子のチームは1勝3敗で健闘むなしく予選4位。その後の本戦ではA、Bそれぞれの4位同士で戦い見事に勝利しました!


なので全体としては7位ということでしょうか?


優勝を目指していたので負けたときは悔しくて泣いていました。その気持ちは忘れずに次に励んでもらいたいものです。



そして後半へ



プログラムには「保護者の部」というものがあり、お父さんVSお父さん、お母さんVS小学生で戦うというものでした。


参加するつもりはなかったのですが、たまたま私の同級生の友人もお子さんの応援に来ており、一緒に参加することになりました。


ドッジボールなんておそらく小学生以来、20年以上前にやったきりです。


その前にこの重くだらけきった体が動くかの方が心配でした。


子どもが応援してくれている手前、恥ずかしい姿は見せられません。


開始のホイッスルがなりました。



我が子よ、父の勇姿をみろ!



そそくさと他のお父さんの影に隠れます。


当たらなければいいんですよ。こぼれ落ちたボールを拾いぶん投げますが、ことごとくキャッチされてしまいます。


こんなもんです。平々凡々な子の親も平々凡々なのです。


時間経過とともにボールも追加され、最終的には3つのボールがコート内を飛び交います。


そこはまさに戦場。勇敢に戦う父親たちの姿がそこにあるのです。


バタバタと倒れていく仲間たち。私の友人も当てられてしまいました。


仇は必ずとると誓い戦場に立ちます。


しかし、ほぼ狙われない。隠れられる影が少なくなっていますがほぼ狙われないのです。


こんなところで役に立ってしまうとは…



私の影の薄さが!



たまに狙ってくれる優しいお父さんもいますが、ここでタイムアップです。


なんと!私は内野に残っています。


しかし、内野に残っているのは私の他にもう一人だけ。対して相手チームはたくさんのお父さんが残っています。


圧倒的敗北です。


子どもの前で敗北してしまいましたが、頑張っている姿は見せられたと思います。


参加賞として頂いた冷えたサイダーがとても美味しかったです。


一気に飲み干してしまったため、しばらくお腹の調子が悪くなってしまいましたが、清々しい気分でした。やはりスポーツで流す汗は気持ちがいいですね。


友達と一緒にいる子どものもとへと向かいます。




私「どうだった?おとうさんがんばってたでしょ?」




子「みてなかった」






スポンサーリンク