ミニピンまめ吉のちょこっと釣行記

愛犬の『まめ吉』とのゆるい生活とたまに行く釣りについてゆるく綴っていきます。

我が家のペットは?【室内外、大きさ、臭い、抜け毛を考慮して検討した結果】

まずは、ペットとして何の動物を飼うのか。家族会議を開き、各々が飼いたい動物を出していきました。




私:犬




妻:犬




子(3歳):







……多数決により犬に決まりました。




犬といっても様々な種類があります。我が家なりに以下のようなことを話し合っていきました。






犬の屋内飼い、屋外飼いのメリット、デメリット

次に屋内飼いか屋外飼いか。それぞれのメリット、デメリットも話し合いました。
我が家から出たメリット、デメリットは




屋内飼い
メリット
・犬の様子がよく観察できる
・スキンシップをとりやすい





デメリット
・臭いや抜け毛
・ケージを置くスペース
・掃除片付けが大変(子供のおもちゃの片付け含む)






屋外飼い
メリット
・スペースがとりやすい
・掃除が楽チン





デメリット
・病気になりやすい
・スキンシップ不足
・夏冬対策
・通行人に吠えたり餌を与えられたり





書き出していくとそれぞれのメリットがデメリットに、デメリットがメリットになっており好きな方でいいか、ということになりました。※あくまでも我が家で考えられる点です。



今の主流は屋内飼い!

調べていくと、今の主流は屋内飼いであるということ。犬が群れで生活していたことや昨今の厳しい夏の暑さ、犬の様子がよく観察できることが大きな要因であるようです。


もうひとつ。我が家のすぐとなりは竹林になっており、夏は大量の薮蚊が発生するのです。
犬の代表的な病気のひとつフィラリア。薮蚊が多いため感染のリスクも上がるのです。


ということで、我が家では室内犬を飼う方向で話が進んでいきました。





犬の大きさは??

次に飼う犬の大きさを決めました。私も妻も以前は実家でラブラドールレトリバーやイングリッシュスパニエルを飼っていた経験がありました。なので、今回も可愛らしさや賢さからラブちゃんがいいかなと思っていたのですが、

「大型犬は動物病院に運ぶのが大変だぞ」

という父の一言から我が家は中型犬以下のサイズで検討していくことにしました。




臭いや抜け毛が少ない犬種は?

さて、大方絞り込めてきましたが、室内で飼うにあたり、大きな問題となってくるのが臭いです。我が家の洗濯物はリビングでの室内干しがめいんであったため(当時)、出来る限り臭いのしにくい犬種を探してみました。

臭いの少ない犬種の特徴として

中頭種、長頭種

立ち耳

短毛、シングルコート

毛色が薄い

等々があるようです。


また、抜け毛が少なく飼いやすいと言われている犬種も調べ、絞られてきたのが


トイプードル

パピヨン

チワワ

イタリアングレーハウンド

ミニチュアピンシャー


となりました。




我が家に合うのは??

調べてみて特に多かったのがトイプードルは飼いやすいということ。確かに、散歩している犬を見るとトイプードルが多いような…。そんなに意識してみていませんが。
毛が抜けにくく臭いも少ないだけでなく、賢く穏和で人懐こい、そしてカワイイときているわけですから人気が出るのも頷けますね。


ただ、可愛らしすぎる。我が家の雰囲気といいますか、一緒に暮らしているところを想像してみても可愛らしすぎるんですよね。


そんな理由でパピヨン、チワワも候補から外れました。


残るはイタリアングレーハウンドとミニチュアピンシャー。どちらも似たような犬種ですが、私の好みがミニチュアピンシャーだったため推しに推してミニチュアピンシャーに決まりました!



こうして決まった我が家の一員候補。今回初めて知った犬種ですが、はてさてどんなワンちゃんなのでしょうか。

スポンサーリンク